玉津学区の住民たちでつくる「食の地産・地消推進プロジェクト」が8月12日、石田町の市老人憩いの家前庭に常設の『玉津まるごと野菜直売所』をオープンした。

地域の活性化プランの一環で、平成26年7月に自治会館駐輪場で約40人の住民が栽培する自家用の野菜類を持ち寄り直売会を開いたのを手始めに、地域のまつりや学区民のつどいなど年5回直売会を開いてきた。地元民らの好評を背景に常設所を設けることになった。

直売所はユニットハウス造りの約10平方㍍で、洗い場やエアコンなど設置。毎月2回開催(第1・3土曜日)午前10時から午後1時まで(売り切れ次第終了)。野菜や花、果物、湖魚なども販売する。

この日のオープニングセレモニーで、玉津学区長の田中・赤野井自治会長は「直売所は学区民の願いで、野菜を介して人と人とのつながりを深める機会にしたい」とあいさつ。同プロジェクト代表の金野さんは「地産地消の一層の推進と高齢者の生きがいづくり、新旧住民の交流を図る活動につなげたい」と意欲を述べた。

 

******************************************************
京都新聞守山販売所・守山新聞センター
TEL: 077-582-2051
営業/9:00~17:00
定休日/日曜・祝日
ホームページ http://www.moriyama-np.co.jp/
facebookページやっています!「いいね!」待っています 
ツイッターアカウント@moriyama_ss
******************************************************