立体物を造形する3Dプリンターを手軽に試すことが出来る"モノづくり"ラボ(制作室・実験室)が古高町の豊綜ビル2階にオープンした。(株)DGインデックスが開設した「DIGITAL MAKERS SHIGA」。一般市民や企業人らが利用できる県内初の施設という。

3Dプリンターは立体を表す三次元(3D)のデジタルデータを基に、樹脂などを加工して立体物を造形する機器。この機器を使って医療からエンターテインメントまで幅広く活用、最近では家庭用3Dプリンターが販売されアニメキャラクターの立体フィギュアやノベルティグッズが作れるなど注目を集めている。同社では3Dプリンターや関連パソコンなどを装備し「3Dプリンターで何が作れるのか」材料や制作方法など体験することが出来る。田村代表は「年内にレーザーカッターを導入する予定で、さらに設備を充実させ滋賀のものづくりの拠点にしたい」と意欲を燃やす。

 また2020年の小学生教育科目に組み込まれる「プログラミング体験教室」を開催。担当スタッフは「パソコンを使って学習用のツールでキャラクターを動かしたりゲームを楽しんでほしい」と話している。

現在、会員募集中。問い合わせは同社(☎077-514-2311)

 

 

******************************************************
京都新聞守山販売所・守山新聞センター
TEL: 077-582-2051
営業/9:00~17:00
定休日/日曜・祝日
ホームページ http://www.moriyama-np.co.jp/
facebookページやっています!「いいね!」待っています 
ツイッターアカウント@moriyama_ss
******************************************************