老朽化の建て替えに合わせ、設置と運営まで完全に民間に委ねる古高保育園

守山市立古高保育園の民営化に伴い、公募に応じた2つの運営法人事業者について昨年12月19日、外部メンバー7人からなる市の私立保育園設置・運営法人選定委員会が審査した結果、近江八幡市の学校法人ヴォーリズ学園を選んだ。1月に市と選定事業者との間で協定書が交わされ正式に決まった。新生の保育園は平成31年4月に開設される予定。

古高保育園の民営化は平成15年に設置された市保育園運営検討懇話会で提言されすでに15年を経過。昭和54年に創設された同園の園舎は約40年の時を経て老朽化が進み、建て替えと同時に拡大する保育需要の観点から民営化への移行が急がれていた。

待機児童解消へ 定員増やし200人程度

協定書によると施設の園児定員は200人程度(現在の定員約100人)。運動会や地域交流などの行事を含め公立時の保育活動を5年間継承する。保護者会との定期会合や要望、苦情などの対応窓口および第三者委員を設置。また保育園用地は有償貸与とし年間賃料を支払う。現在勤務の嘱託・臨時職員の継続雇用に最大限努力することなどが盛られている。市職員雇用について「正規職員は市内の公立保育園などに雇用する」と市では説明している。一方、ヴォーリズ学園・もりの風こども園の園長は「延長・休日などの特別保育を実施し公立時の保育ニーズをしっかり引き継いでいきたい」と話した。

 

 

******************************************************
京都新聞守山販売所・守山新聞センター
TEL: 077-582-2051
営業/9:00~17:00
定休日/日曜・祝日
ホームページ http://www.moriyama-np.co.jp/
facebookページやっています!「いいね!」待っています 
ツイッターアカウント@moriyama_ss
******************************************************