営委の任命書を受けた後、記念撮影する宮本市長と立命館大学関係者(守山市役所)

5月に開かれる「第7回ルシオールアートキッズフェスティバル」の立命館守山中・高校会場の企画運営について守山市と立命館大学が連携し、運営委員会メンバーの任命式を2月2日市役所で行った。

フェスティバルは守山市、市教委などが主催する音楽を主体にした文化芸術祭で、今年は5月13日に市内6カ所でイベントが開かれ立命館守山会場もその1つ。これまで民間支援組織の滋賀次世代文化芸術センターが企画運営をしていたが、今回初めて立命館大学の手で企画運営をすることになり、昨年11月に募集し4人の大学生が名乗りを上げ12月に運営委員会を発足させた。運営委員会メンバーには大学生のほか同大BKC学生オフィスの4人、守山市教委4人の計12人で構成されている。

市が運営委に任命書を交付

  この日、大学2回生の女子学生3人が出席し宮本和宏市長から各人に運営委の任命書が手渡させた。宮本市長は「若い女性の創造力を活かし、失敗を恐れず楽しみながらアイデアを出してほしい」とエールを送った。運営委の同大理工学部2回生の杉浦穂乃伽さんは「大きなイベントに参加できてうれしい。子どもたちに楽しんでもらえるよう企画運営をしたい」と力強く語った。

立命館守山会場では「ルシオールキッズキャンパス」と名付けて立命館大学生5団体、立命館守山高校3つの部活動、その他2団体が出展・出演する予定。企画内容は2月末にも決めたいとしている。

下は5月13日に開催される「ルシオールアートキッズフェステバル」のチラシ


 

******************************************************
京都新聞守山販売所・守山新聞センター
TEL: 077-582-2051
営業/9:00~17:00
定休日/日曜・祝日
ホームページ http://www.moriyama-np.co.jp/
facebookページやっています!「いいね!」待っています 
ツイッターアカウント@moriyama_ss
******************************************************