守山市は三宅町に「私立保育園」を新設するのに伴い、県内外から応募があった5法人のうち運営事業者の第1順位に大津市竜が丘の学校法人・純美禮学園を選んだ。市民や学者らでつくる選定委員会で審査し選んだもので、辞退がなければ近く市と事業者との間で協定書が締結され2020年4月に開園を目指す。

待機児童の解消に向けた新たに設置する保育園で、特に「人材育成施設」を併設し保育士の人材確保と資質の向上を図るのが特徴だ。市では人材育成施設について「市内の保育士や幼児教育職を対象にした研修や潜在保育士が社会復帰するための座学や実践研修の場、さらに地元の子育て世帯に向けた子育て情報提供にも取り組む」としている。

第1順位に選ばれた純美禮学園は滋賀短期大学、付属高校、付属幼稚園を運営し同学園は昨年、創立100年を迎えた。短大には幼児教育保育学科がある。

新設「私立保育園」は守山市民ホールや立命館守山中・高校に隣接する市有地(約2500平方㍍)に設置される。来年度内に新園舎建設に着手し保育所認可手続きを行う。園児の収容定数は120人程度。市内の待機児童は84人(昨年4月現在)となっている。